牛乳の種類や産地の違い

いつも飲む牛乳には様々な種類があります
以前は大手の商品がズラーっと並べられていましたが、ここ数年は産地限定や殺菌方法を記した商品も多く多くのスーパーや小売店でも種類も産地も豊富に取り揃えられていますね


牛乳の種類

『牛乳』といっても様々で分類分けすると多くの種類に分かれている事がわかります

  • 牛乳
  • 無調整牛乳
  • 成分調整牛乳
  • 低脂肪牛乳
  • 無脂肪牛乳
  • 加工乳
  • 乳飲料


牛乳そのままでパックされているのは『牛乳』と書かれたものだけです
乳飲料はいちごミルクやコーヒーなどで書かれている事が多いですね

牛乳の殺菌方法

多くの人に人気なのが低温殺菌牛乳
殺菌方法からか濃い味わいが残ってる感じがします


これは『牛乳』の殺菌方法になりますが多くの商品は『(超)高温殺菌牛乳』になります
『低温殺菌牛乳』は保存可能期間が短くなってしまうのですが一番美味しく牛乳を飲める殺菌方法として人気です


牛乳の産地

産地ですが、パッケージを見てもいまいちわかりにくい商品が多いですね
商品詳細の産地は製造工場が記載されているものが殆どで牛乳そのものの産地とはまたハテナになってしまいます(ある程度近くの工場でしか加工や殺菌処理はできないですが)

元々牛乳には『産地表示義務』はありません
大手の『明治のおいしい牛乳』『森永のおいしい牛乳』『雪印のメグミルク』などのビックネーム商品ですと出荷量が多く単一産地で生産・加工する事はできないと言われています
この場合、製造工場が記載されているのでWEBサイトで調べれば、大手ですし、もしかしたら各工場毎の牛乳産地を明記されているかもしれません

他には『北海道産』『愛知県産』など県名表記の商品や『〇〇高原』『〇〇地方』など地域名表記のもの『地域名と産地限定牛乳』と記されているものなど様々
県名表示であっても『北海道産』『北海道の~』とは違うのでしょうかね

中には適当にそれっぽい名前を付けて色々な産地の牛乳を一緒に処理している商品も多そうですね

また各地域の人気牛乳が近隣地域にも当然出荷量は少ないですが出荷されていますね『〇〇高原の〇〇牛乳』とか
このあたりだと酪農家単位での産地限定牛乳も見つかるかもしれません


牛乳については大手のネームド商品が主流の時代から変わってきているのですね
より牛乳を美味しく気持よく飲める様になってきているんだと思います
  • このエントリーをはてなブックマークに追加